飯能市地域包括支援センターいなりで世界アルツハイマーデー街頭活動打ち合わせ

昨日は、(公社)認知症の人と家族の会埼玉県支部の世話人として、A氏と共に、飯能市基幹型地域包括支援センターいなり町を訪問しました。

毎年9月21日は【世界アルツハイマーデー】です。
これに合わせて、家族の会埼玉県支部でも、大宮駅・熊谷駅・川越駅でリーフレット等の配布により、啓蒙活動をしています。

飯能市では、昨年より独自にこの日に、リーフレット等の配布を行っているということです。

今後、家族の会と連携できないか、という趣旨の話し合いです。

飯能市の2駅(飯能駅・東飯能駅)で9月21日に実施するということで決定しているとのことですが、今年度、家族の会埼玉県支部は20日に上記の街頭活動、21日は記念講演がありますので、当日お手伝いの人員を送れません。

取りあえず、今年度は家族の会のリーフレットをお渡しして、配っていただくこととなりました。

ノボリ・Tシャツなどのグッズも見本をお渡ししましたので、必要数をお届けすることになると思います。

来年度からは共催できるといいな、と思います。

全国支部の街頭活動予定。
http://www.alzheimer.or.jp/webfile/wad2014gaitokoudo.pdf


ちなみに森本は、川越駅の街頭活動に参加する予定です。

「アルツハイマーデー」についてはまた別の投稿で。

0 件のコメント :

コメントを投稿