所沢市三ヶ島第2地区認知症SOSネットワーク模擬訓練 実行委員会

本日、所沢市三ヶ島第2地区認知症SOSネットワーク模擬訓練の第4回実行委員会に参加してまいりました。


認知症所沢家族の会世話人代表の立場での参加です。


前回の実行委員会の直前に委員となったのですが、前回は予定ありで参加できず、今回が初参加でした。


当日まで5週間とあまり時間のない中での初参加ですが、少しでもお役に立てますよう、行動してまいります。


すでに、計画はかなり練られたものとなっていますので、本イベントの告知関連、当日の役割分担、運営方法などについて話し合い調整を行いました。








さて、昨年、入間市金子地区でも行われた徘徊模擬訓練。


徘徊する訓練?

いえ、そうではありません。


徘徊者を早期発見するための模擬訓練、地域力アップで認知症になっても安心して暮らせる地域づくりに役立つものです。

実際に地域を歩きながら、困っている人たちへの声かけを体験していただくイベントです。宮前小学校をスタートし、黄色い傘を持つ認知症高齢者役の人を見つけて優しく声をかける練習をします。(チラシより)


訓練の目的はいざというときのためではありますが、訓練を通じて地域の輪がつながってくる効果が期待できます。



認知症の人が道に迷って歩いていると、あっという間に自分の住んでいる地域を離れていってしまいます。

ですから、訓練はどこかの地域だけでやっていればよいというものでもなく、広域で連携していったほうがより良いものになるでしょう。


今はまだ、その端緒に過ぎません。

これから何年かかるかわからないけれど、いずれそうなることを願って。



  • 日時:3月27日(金)9:30~12:00(9:00受付開始)
  • 場所:宮前小学校体育館
  • 連絡先:所沢市三ヶ島第2地域包括支援センター 04-2926-7800


三ヶ島地区の方でなくとも参加できますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

当日はトコろん・コバトンも応援に駆けつけるとのことです。

0 件のコメント :

コメントを投稿