西武地区認知症介護者家族の会を行いました

本日は、入間市西武地区認知症介護者家族の会の記念すべき第1回目の集まりを行いました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。



認知症所沢家族の会の代表となってから、このような家族会がもっと各地域にあって良いのではないかということを考えていました。

所沢の家族会には狭山市・入間市・飯能市・ふじみ野市の方もご参加されています。

ですが月に1回とはいっても、遠方の介護中の方にはやや負担感もあります。


介護家族はその悩みや愚痴を聞いてもらいたい、共感できる仲間がほしいと思っています。

話す相手がいくら親しい友人でも、介護経験のない人では共感してもらえない事がほとんどでしょう。


行政書士事務所を構えているのは入間市にある実家の一室です。

その入間市にも定期的に開かれている家族会はなかったのです。


そこで、潜在的にどのぐらいのニーズがあるか不透明ですが、とにかく「場」をつくろうという想いから、入間市福祉部高齢者福祉課の方を通じて、西武地区包括支援センターヘとつないでいただきました。

数回の話し合いを経て、本日無事に第1回目を行うことが出来ました。

西武地区包括の皆様、ご尽力いただきありがとうございます。



さて、当初の見込みでは数名の出席があれば良いだろうとの見込みでしたが、介護者家族10名、民生員の方を含め関心のある方5名、全15名のご参加をいただきました。

介護家族とひとことで言っても、状況は様々で、みなそれぞれのお困りごと・悩みを抱えていらっしゃいます。


やはり「本音を話す場がない」「情報を知りたい」という声をいただきました。


この会で悩みや愚痴をこぼしたり、仲間を見つけていただくことで、少しでも介護の負担が軽くなるようにお手伝いしてまいりたいと思います。



これから毎月1回行う予定です。次回は10月28日(火)。

会場手配などは、まだ包括におんぶに抱っこ状態ですが、ゆくゆくは市民活動として自立できるよう進めていきます。

この会が良い地域コミュニティーをつくる一端を担う存在となれますよう、地道に活動してまいります。




0 件のコメント :

コメントを投稿